歯科について

歯科医師会が提唱している「8020運動」

80歳で自分自身の歯を20本保つことを目指して、むし歯の治療、歯周病の治療からブラッシング指導などを行っています。歯周病はホームケアが大切です。その方法と指導と定期的なケアを行います。抜けてしまったり、抜歯して、噛めなくなり審美的にも劣ってしまわれたらブリッジや義歯等で補う治療を行っています。痛みが無く、しっかり噛んで食べられることで、心身ともに健康が得られると考えております。

歯を削るよりも、自然の歯を守りたい
自分の歯だからこそ「痛くなってから治療」するのではなく 「予防のため」に歯科医院へ

一般歯科とは、虫歯の治療をはじめ歯周病予防、歯槽膿漏の治療、歯の欠損部を補う治療を主とした歯科診療のことをいいます。当院ではレントゲンを撮影したり、口腔内カメラを使用したりし、患者様の歯の健康状態や治療方針を丁寧にカウンセリングします。十分に今後の治療に関しご理解をいただいた上で治療を致します。

また虫歯や歯周病の進行を防ぐには、日々の正しいブラッシングが欠かせません。当院では歯科衛生士が虫歯になりにくくするためのブラッシングを含めた、予防の指導も行っております。

鳥居歯科医院では初診の際、現在「ご自宅で使用されている歯ブラシ等ケア用品が患者様に合ったものを使用されているか」の確認のため、ケア用品をお持ちいただいております。
そしてご自宅でのケアの際、歯ブラシの大きさ等、患者様に適しているものをお勧め致します。

むし歯について

むし歯には進行状態によって、下記段階に分けられます。
むし歯の原因は細菌感染によって起こるものです。

  C0:
歯の表面のエナメル質が酸によって白く濁った状態で見た目的にもほとんど分かりにくい、むし歯初期の状態です。
この状態の時はシッカリと歯を磨いたり、フッ素の応用によって進行を防ぎ、健康な元の状態にもどす事が可能です。
  C1:
初期のむし歯の状態です。
むし歯になるとエナメル質に含まれるカルシウムやリンなどが溶け出し、白い斑点に見えます。この時、自覚症状はほぼありません。
  C2:
エナメル質を越えて象牙質まで進行したむし歯の状態です。象牙細管という管に沿ってむし歯が進行し、冷たいものがしみることがあります。一過性の痛みで、刺激によっての痛みがあります。
  C3:
象牙細管の中を細菌が進行し、神経まで感染がおよんだ状態です。神経内の血管が充血し炎症が起き、冷たいものがひどくしみます。
何も食べなくてもズキズキ痛みます。
  C4:
歯の頭がほとんど崩壊、根のみが残った状態で、神経に細菌が感染して腐った状態です。
根から周囲組織に細菌が進行し炎症を起こします。 歯を支える骨が破壊され、腫れて痛みが起き、歯を抜く場合もあります。
C3やC4の状態まで進むと強い痛みがあり、治療もおおがかりになるため、事前の予防と早期治療が重要です。
歯がしみるなど初期症状がある場合には、早めにご来院下さい。また早期発見のためにも定期検診をお勧めします。
ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談